新着情報

News

2022.10.30

お知らせ

第20回ぎふ技能フェスティバルに参加しました!

10月30日にモレラ岐阜で行われた「第20回ぎふ技能フェスティバル」へユニオンテック社員2名が、岐阜県冷凍空調技能士会のスタッフとして参加いたしました。

ぎふ技能フェスティバルとは未来を担う子供たちに向け、技術のすばらしさや、モノづくりの楽しさを知ってもらうために開催されています。今回で20回を迎え、2年に1度開かれています。コロナウイルス感染拡大防止のため前回は中止となりましたが、今回は4年ぶりの開催となりました。ユニオンテックとしては毎回参加をさせていただいていますが、今回は初めてモレラ岐阜での開催となりました。

モノづくりの体験として、冷媒配管を使用したスマホホルダーの作成体験を行ってもらいました。あらかじめ切ってある配管と継手(配管と配管をつなぐ部品)をアロンアルファで接着する工程です。対象は小学生から中学生の方に行ってもらいました。無事1日で用意していた60セットがなくなるほど、多くの皆さんに体験してもらうことができました。配管で手が汚れないようにするためやけが防止のため、ゴム手袋をはめて行ってもらったのでやりにくそうに体験を行っていましたが、子供たちはみなさん楽しそうに体験していました。

そして今回はモレラ岐阜で開催したこともあり、買い物ついでやほかのコーナーを立ち寄ったついでに来ていただいた方も見え、いろんな方に技術のことを知っていただけたと思います。また体験内容もスマホホルダーの作成体験にしたことにより、子供たちが作成したスマホホルダーを親御さんも「普段から使えるものでありがたい」とお子さんからもらっている方も見えました。今までは岐阜産業会館で開催し、フレア加工(エアコンの室内機と室外機を接続する際、配管の接続部分を広げる作業)の技術体験を行っていました。今回のような実用性のあるものを作成し、空調部品に触ってもらう体験内容に変えたことも皆さんに楽しんでもらえた1つではないかと思います。

どうしたら私たちの業界に興味を持ってもらえるか、持ってもらうためどう接したらいいのかなど考えながら来場者と話すことは、お客様に対して接するときも生かせる経験だったと思います。子供たちなどが関心を持ってもらえるよう、日々業務に取り組んでいきたいと思える1日でした。