新着情報

News

2022.04.17

お知らせ

「長良川を美しくしよう運動」清掃活動に参加しました!

4月17日(日)に岐阜新聞社・岐阜放送が提唱する本年度第1回「長良川を美しくしよう運動」に参加をしてきました。清水建設災防協岐阜分会のボランティア活動の一環で、1973年から始まったボランティア清掃活動になり、例年は年3回の活動で、今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響から、昨年4月以来の実施です。私も初めての参加で、鵜飼大橋上流から忠節橋下流の両岸4キロ内で行い、1時間ほどかけて清掃をしました。

清水建設災防協岐阜分会から60社ほど集まり、早朝7時からでしたが100人ぐらいの人数で忠節橋北岸下流を清掃しました。60社集まった中には、ご家族で参加されている方も多く、ごみ袋を手に河川敷を進み、ペットボトルや空き缶、可燃ごみ、不燃ごみなどのごみを拾い集め、分別回収をしました。ごみの量は私が思ったより少なく感じました。

年3回、4月・8月・10月の開催になるみたいですが、4月は5月の鵜飼開き前に行う清掃活動です。今年は通常開幕する感じで、鵜匠さんの新しい船も先日、進水式も行われ、観覧船も準備されていました。

地域住民、岐阜の代表する企業など78団体、約3,600人が参加されたみたいで、私も近隣に住んでいますが犬との散歩、ランニングするのですが、この活動は普段は見ているだけでしたが、今回参加して「長良川を美しくしよう運動」清掃活動がある事で清流長良川が保たれていると感じました。清掃中も色々な方とも話ができ、情報交換もできた有意義な活動でした。最後に参加者で記念撮影もし、パンとジュースを分会から頂きおいしくいただきました。小さなお子さんにはお菓子の詰め合わせを配布されており、喜んでいました。清掃ボランティアに初めての参加でしたが終わった後は気持ちいい物です。次回も参加をしようと思います。参加された方、休日の早い時間でしたが、お疲れ様でした。

※団体数、人数は岐阜新聞から引用